Skip to content

専門学校などの通信教育でも保育士の資格はとれます

保育士は、「子供が大好き」「長く続けられる仕事をしたい」という人に人気のある職業です。中には、一度社会人として別の仕事についていても、途中で転職する人もいます。保育士になるためには、国家資格を取得する必要があります。国家資格というと試験を受けなければいけないと考えるかと思いますが、厚生労働大臣の指定している所定の教育機関を卒業すれば、試験を受けなくても、資格を取得することができるのです。

卒業と同時に資格を取ることのできる教育機関には、保育士養成課程のある大学・短期大学・専門学校があります。仕事をしていない人であれば、入学して昼間通うことができますが、仕事をしながら資格を取りたい場合は、通信教育のある学校を選ぶことがおすすめです。大学のみならず、専門学校でも通信課程のあるところはあります。通信教育を利用すれば、単位をとるための普段の勉強は、テキストを見ながら家で行うことができますので、働いている人でも、時間さえあれば、自分のペースで学習をすすめていくことができます。

また、夏期などの休みのとりやすい時期に、実際に学校に通って単位をとるスクーリングが課程に組み込まれている学校がほとんどです。ですので、専門学校をはじめとして、通信課程の学校に入学を申し込む前には、スクーリングの日程の時に休みをとることができるのか、宿泊費用や交通費がどのくらい必要になるのか、という点は、あらかじめ調べておく必要があります。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です