オフィス家具の購入は商社がおすすめ

  • オフィス家具のレイアウト

    • オフィス家具を購入する際、しっかりと考えておかなければならないのはレイアウトです。


      どんな人が何人、どのように働くのか、また今だけでなく今後どうなっていくのかを考えてレイアウトを組みましょう。
      例えば、働く人たちのコミュニケーションを重視するなら、デスクは話しやすいように向い合わせにするのがよいでしょう。

      厨房機器の買取についての情報をお探しの方は必見です。

      逆に、ひとりで集中することが多い業務なら、パーティションで仕切って独立性を高めた方がよい場合があります。


      コミュニケーション重視かつ独立性も必要ならば、さっと集まれるようにオフィス家具で打ち合わせスペースを作り、デスクから遠くない場所にいくつか設けておくのもお勧めです。


      そして、今のオフィスではLAN配線が不可欠です。
      パソコンやプリンターだけでなく、複合機もすべてLANで繋がれています。
      たとえ数人のオフィスでも、配線がごちゃごちゃすることは避けられません。
      できれば、二重床で配線類が隠せるOAフロアの工事もしておいた方がよいでしょう。
      共用の複合機やキャビネットは、誰の使用頻度が高いのかを考えて配置する必要があります。



      部署などの組織がどのようになっているかや、人の導線を考えてレイアウトを決めていきましょう。



      最近は、オフィス家具にも個性や独自性が求められることが増えています。
      備え付けの棚や、特注のオフィス家具を作るケースもありますが、オフィスはずっと同じではなく、移転や規模の拡大縮小の可能性があります。
      大手メーカーのオフィス家具ならば、必ず定番品があるので安心ですが、オリジナリティを重視する場合は、今後の移転やオフィスの拡大縮小の際に、既製品よりコストがかかることを踏まえて考える必要があります。

top