Skip to content

音楽専門学校進学はよく調べてから!

夏休みが近づき、高校3年生の皆さんはいよいよ進路を決定する時期になってきました。また、高校1、2年生も学校で進路希望調査が行われ、自分が理想とする進路とは?という問いに向き合う時期でもあります。今日は、多様な進路の中から音楽専門学校について考えてみましょう。音楽について学びたい、と考えたときに皆さんはどのような進路を思いつくでしょうか。

音楽を学ぶための進学を検討する場合、次の大きく二つがあります。1.音楽大学、芸術大学への進学2.音楽専門学校への進学1の大学進学については、4年間専門的に楽器や音楽について学ぶことができるメリットがあります。一方で学費負担が大きく、入試での実技試験のためのレッスンが必要になるなど、不合格のリスクが非常に高いのがデメリットです。2の音楽専門学校については、多種多様なコースがあり、大学に比べて割安な授業料であることがメリットです。

また、音楽ジャンルとして、ポップスやロック系の音楽や楽器を学びたいと考える場合は、専門学校しかない場合もあります。音楽専門学校は、さらに二つに分けることができます。専門士の資格が取得できるかどうかです。文部科学省に認可された学校では、所定の単位を取得すると「専門士」の学位が得られます。

これを取得することにより、大学への編入資格が得られますので、専門学校を卒業後にさらに音楽について深く学びたい、という希望がある方はこちらを選択するのがよいでしょう。一方、スキル習得が第一の目標である場合や、師事したい先生が在籍している学校へ進学したい場合などは、学位の取得を最優先に考えなくてもよいでしょう。音楽を仕事としたい、と考えての進学にも多様な進路があります。受験生の皆さんは、この時期によく考えて悔いのない選択をしてください。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です